むし歯予防について

むし歯予防のシーラントとは?

むし歯になりやすい、臼歯(奥歯)の裂溝を予防目的で、歯を削ることなく一時的に填塞材(シーラント)でつめる方法です。
痛みを伴うことはありませんので、小さいお子さんでも安心して治療が受けられます。

適応

  • 萌出して間もない永久歯
  • 溝が深く複雑な形の奥歯
  • 前歯でも溝のある場合

手順

  1. 歯のそうじ(プラーク除去)
  2. 溝に材料(シーラント)をつめる
  3. 光で材料(シーラント)を固める
  4. 終了

利点

  • 歯を削らずに予防処置ができる
  • 短時間で処置が済む
  • 溝の汚れ(プラーク)が落としやすくなる
  • 食事のかみ合わせに支障がでない

欠点

  • 時間の経過とともにつめたシーラントがうすくなっていく
  • 辺縁が欠けてしまう事もごくたまにある

※シーラントは、むし歯にならないための予防処置なので、すでにむし歯になっている歯には行いません。
※予防処置としては、歯ブラシ、フッ素塗布、定期検診などがあります。しっかりケアしましょう。